『高齢者グループホーム 千住さくら』について

『高齢者グループホーム 千住さくら』とは?

グループホームの趣旨

「グループホーム」は認知症高齢者が少人数単位で共同生活を行う形態で、食事の準備や洗濯などをスタッフと共に共同で行うことにより役割を与えその人の能力を最大限に活かし、認知症状の進行を抑制します。家にいるのと同じような家庭に近い環境で生活することにより不安を感じさせず、心身の状態を平穏に保ちます。

より細やかなケア

各階9名の少人数制により、一人ひとりにきめ細かなケアができます。専門的な知識を持つ職員が御利用者それぞれの生活リズム・趣味・嗜好・特技、また、人生の背景についてしっかり把握することによって、相応の配慮ができ、コミュニケーションもよりよく行うことが可能です。

グループホームでの生活

「グループホーム」での生活は、ルールやスケジュール管理をしないため、食事、入浴、外出など御利用者の意志が尊重され比較的自由に行動していただけます。また、生活のなかの自然な役割、食事を作る、カーテンを開ける、洗濯物を取り込むなど、分担があることで自分で何かができると感じる瞬間が多くあるのです。
「グループホーム」での生活は、より本人の自立を支援し、「その人がその人らしく生きる」という最大の目的を達成することが可能になっています。

お問い合わせ

  • 千住さくらのご利用につきましては、ケアマネジャーもしくは直接施設へお問い合わせ下さい。
  • TEL:03-5244-6961

ご利用料金

高齢者グループホーム 千住さくら ご利用料金案内

Pagetop