• TOP
  • 最新情報

最新情報

2021年2月22日

【 広報誌『クローバースマイル』10号 】

聖風会の広報誌「クローバースマイル」VOL10が完成いたしました。

この広報誌は、各拠点の広報委員の職員が企画から撮影、原稿に至るまでをコンサルタント会社に協力していただきながら作成をしております。

今回の記念すべき10号の内容につきましては、広報委員のプレリリースと添付のVOL10広報誌をご覧いただければ幸いです。


≪プレリリース≫

◆「どうなっているの?教えて施設長! 聖風会の新型コロナウイルス感染症防止策」 
力を合わせて、みんなで乗り越えるコロナ禍で、職員、ご利用者、施設関係者の生命を第一に、法人施設間で連携を取り合っています。世の中が変わりつつある今、活動が制限される中でも「最高に価値あるものを提供する」ために、一人ひとりが力を合わせて1日1日を大切に今後も取り組んでいきましょう。
エイエイオー!
(足立部門 平 博美)


◆「新施設長より ちょっと一言」 新しい風が入りました
ある意味新人!? いやいや大ベテランです!!
ゆうあいの郷六月の施設長と町屋サービスセンターのセンター長が変わりました!
トップが代われば今までのやり方も変わり、新しい風が入ってくる。変化を恐れず、聖風会に新たな旋風を巻き起こしてくれることを期待しましょう!!
(荒川部門 藤田 潤一)


◆特集 「新人職員12の物語(ストーリー)」 10と12と24の…
10号を手に取った時、あなたの目の前に「12の物語」とあります…ん?ちょっと待った!トレーナー達もあわせたら24人の物語だ。どうぞ全集中して水だと濡れちゃうので風の呼吸あたりで最後までページをめくっていただけたらと思います。おっと、忘れてはならない、祝!10号おめでとう。
(台東部門 清水 葉子)


◆特集 「新人職員12の物語(ストーリー)」 12人12色の想い
今回、聖風会に入職した12人の新人職員を紹介しています。
更に、新人職員を教えるトレーナーの職員にもお話を聞いています。
少しではありますが、記事を読んでこの12人のことを知っていただけたらと思います。
12人、一人ひとりの想いをぜひ読んでみてください。
(花畑部門 石澤希味子)


◆特集 「新人職員12の物語(ストーリー)」 想いに触れて魅力を再確認
2020年、聖風会の新たな仲間として入職した12人。一人ひとり入職してからの成長、今後の目標は違っても、ここには今、現在の12人の想いが詰まっています。トレーナー、トレーニーの関係性だけではなく、この記事を読み共に働き、傍にいる職員の想いを知り、魅力を再確認するキッカケにしてみてはいかがでしょうか?
(扇部門 大竹真人)


◆「始動!!介護福祉士合格支援プロジェクト」 サクラサク春へ
資格取得支援の取り組みは法人でも色々ありますが、今回は「介護福祉士」資格取得を法人で応援するプロジェクトです。これから取得を考えている職員の方もぜひ参考にしてみてください。
10号が発行される頃には介護福祉士の試験も終わっているかと思います。頑張った職員の皆さんに届け!!「サクラサク」
(六月部門 小口 巧)


◆「わたしのこだわり」 SNSじゃ伝わらない、きゅん♡がここに
千住桜花苑の広報委員が制作している壁新聞は見る人を元気にするパワーがあります。SNS時代の世の中ですが、手作りだからこそ伝わる魅力がそこにはあります。
壁新聞は今年で7年目!どんなシーンでも輝けるモデルさん大募集中!!!
(千住部門 島田 つかさ)


◆「クローバースマイル vol.10」 これからも発信し続ける決意を胸に
2015年11月、法人創立60周年を機に各部門発行の広報誌が一つになって生まれ変わり、『クローバースマイル』が創刊されました。その後6年を経て節目の10号の発行です。広報についてプロからのレクチャーを受けながら、毎号の企画から発行まで委員全員で奮闘してきました。「新しい生活様式」と言われる昨今、聖風会が取り組んでいる多くの大切なことを『クローバースマイル』で発信し続けていきます。
(広報委員会委員長 金? 良和)
Pagetop