• TOP
  • 最新情報

最新情報

2017年3月2日

「東京新聞」に東京ケアリーダーズの活動が全面広告されました!!

東京ケアリーダーズって何?

 東京都高齢者福祉施設協議会(以下「高齢協」※)が「介護の仕事の魅力」発信を目的に結成したユニットです。おおむね30歳以下の介護福祉士さん達で構成されています。
 昨年のアクティブ福祉in東京’16でオリジナル曲「希望の明日」の唄とダンスの披露とともにデビューしました。当日はケアリーダーズとフリーアナウンサー・町亜聖さんとのトークセッションも行われました。
 
 現在、聖風会からは特養六月の星野龍一職員が参加しています。
今後の活動としては、大学、専門学校、あるいは行政が実施する様々なイベントなどで「介護の仕事の魅力」を発信して行くことになります。また、名実ともに真のケアリーダーとして活躍してもらえるよう、プレゼンテーション能力向上や介護にかかる知識に関する研修等に参加してもらうなど、その資質向上に努めてもらうこととしています。
 
 また、今年度、高齢協では新たに「情報・広報室」を設け、メディアを通して必要な情報発信を行う予定としていますが、今回その第一弾として2月24日付「東京新聞」朝刊で東京ケアリーダーズを全面広告でPRしました。
今後も2ヶ月に一度の割合で東京新聞への広告掲載を通して介護の魅力や東京の介護の現状などを伝えていく予定でいます。
 
 聖風会としても、星野職員が参加する東京ケアリーダーズを引き続き応援していきたいと思いますので、みなさんも今後の東京ケアリーダーズの活動に関心を持って頂くようお願いします。
 また今後は、事務局から東京ケアリーダーズの活動に限らない高齢協の活動についてサイボーズで案内していきたいと思いますので掲示版情報をチェックして頂くようお願いします。

※高齢協とは、東京都社会福祉協議会(東社協)の業種別部会の一つとして、東京都内の特別養護老人ホーム・養護老人ホーム・軽費老人ホーム・地域包括支援センター・在宅介護支援センター・デイサービスセンター等、約1,200施設を会員とする組織です。東京の高齢者福祉の発展とサービスの質の向上を目指し、業種別・職種別・テーマ別などさまざまな委員会活動をとおして、研修会の企画や調査研究、提言活動、ネットワークづくりなどに取り組んでいます。聖風会からも理事長、施設長をはじめとする様々な職種の職員が高齢協の活動に参加しています。

最新情報

Pagetop